FriendFoo v2

July 23rd, 2009

Rejaw が終了ということで、急遽作った Rejawoo クローン の FriendFoo ですが、FriendFeed の API v1 が Basic 認証のみだったことで、すべてのトラフィックをサーバーで処理しなければならず、一般公開に踏み切れないでいました。

しか〜し、つい先日、API v2 beta が公開されました!
OAuth 付きで!

ということで、OAuth 対応版 FriendFoo を作成致しました。
FriendFoo の機能はそのままで、新たに OAuth に対応したことによって、
投稿系リクエスト以外はクライアントから直接 FriendFeed のサーバーにリクエストできるようになり、これでサーバーの負荷を心配することが減りました。
最終的には GAE に持って行きたいと思ってます。

http://yungsang.com/friendfoo/v2/

特徴:
※ OAuth 認証をサポートした。
※ リアルタイム更新をユーザの Notification options の設定に従うようにした。(今までは Home feed に流れてくるものを全部受け取ってました。)
− v1 と同様に Growl (Fluid/Macのみ)及び Growl for Windows に対応。
− v1 と同様に Dock Badge(Fluid/Macのみ)に未読数表示
※ 直接ブラウザからデータを取ってくるので、特にリアルタイム系のコネクションが安定した。(切れることが減りました。)
※ 未読数の不一致とか細かいバグ修正。

サポートブラウザ:
- Safari and Mobile Safari
- Fluid and WebKit
- Chrome and Chromium
- IE7, 8
- Firefox (GreaseMonkeya userscript のインストールが必要ですかも。)

サポートはこちらでやっておりますので、お気軽に日本語でお願いします。
http://friendfeed.com/friendfoov2

Rejawの終了に寄せて

May 27th, 2009

Rejawに魅せられて9ヶ月。
いろいろなツールを作ったり、いろいろな出会いがあり、いろいろ勉強になった9ヶ月だった。

最初の叫びはこちら
父の入院/手術の為に急遽日本に一時帰国した1日前の8月6日であった。

それから半年間、父と家族の面倒を見ながら、Rejawで過ごす時間が唯一の心の安らぐ時間だった。

Rejawの第一印象は、こちら↓
Twitter と Plurk と Rejaw について思う
ここでKennさんと出会うことになる。
Lingrは使ったこと無かったけど、Cometをベースにした、洗練された開発者に優しいAPI、シンプルなUIが気に入ったのだったことを思い出す。

Rejaw の CSS の書き方って初めて見たけど、一般的に確立された方法なのだろうか?
これやってるところって他にあるのだろうか?

Rejaw における Comet の利点というか、必要性が良く判らないでいる。
スパムが増えて、ちょっと前まで重くて、負荷を軽減して、さあこれからって時に。。。

なんとなく原因は判った。Rejaw.comはOberveにはJSONPを、それ以外のAPIにはXHRを使っているので、それぞれがブロックされることがないのだ。

かなり勉強になったなぁ〜。
おかげでFriendFeedのクライアントもあっさり出来たし。
でも、まだ FriendFeed の real-time API は Rejaw を越えてません。
FriendFeed が Rejaw のエンジンを買えばいいのに。

これらのリンクも後4日か。。。

Update: 2009/06/02
面白い魚拓サイトを教えてもらったので、リンク先を変えました。

Tryout for Google Web Elements

May 27th, 2009

Google Web Elements



Tombloo patch for FriendFeed

May 8th, 2009

私はあまり FireFox は使わないのですが、TomblooFriendFeed にポスト出来ないという話を聞いたので、久々に extension の中身を覗いてみました。
本家 FriendFeed のアップロードの仕様が以前のものから変わったみたいで、エラーが発生している様子。

FriendFeed のブックマークレット(これが素晴らしいのですが)を参考にパッチを当ててみました。

Tombloo は標準でパッチを当てたりスクリプトを追加出来るようになっているので、FireFox のプロファイルディレクトリの中の tombloo/script/ の下に
model.friendfeed.patch.js
をコピーして入れておくだけでパッチが当たります。

そんなの無理って方は、tombloo v0.3.28 をベースにパッケージングしたもの
tombloo.xpi
も用意しました。

まあ、これも Tumblr 経由でいいじゃね?ってことですが、中には Tumblr にあげるもの全てを流したくはない、って人もいるみたいなんで、とりあえずってことでw

つか、あまり FriendFeed の Home Feed の流れるスピードを速くはしたくないんですが。。。

注:Bookmarklet のエントリポイントを使っているので、Bookmarklet 経由ってでますw

Gyazo -> Gyamblr -> GyazoFeed

May 7th, 2009

ふとしたことがきっかけで、以前パッチを当てた Gyamblr を思い出した。
FriendFeed に入り浸ってるので、FriendFeed に Upload するようにしてみた。

Gyazo.app をコピーして、GyazoFeed.app とかして、そのパッケージ内の /Contents/Resources/script を修正した。
nickname と remotekey を自分のに変更するのと、
png のところは、自分のスクリーンキャプチャのフォーマットに合わせた方がいいかも。(たぶんデフォルトはjpgで、僕はpngに変更したので。)

script

つか、普通に Tumblr にアップして、そのフィードを FriendFeed に流せばいいんじゃね?ってことですがw